2022.03.23

株式投資と不動産投資の違いとは!?それぞれのメリットとリスクを解説

株式投資と不動産投資は共に日本では江戸時代から存在しており歴史のある運用です。
どちらも人気のある運用ですが株式投資と不動産投資ではどちらが利益を出せるのでしょうか。
それぞれのメリットとリスクを比較しながら解説します。

株式投資とは

そもそも「株式」とは企業が事業資金を集める方法のひとつで、企業が発行した株式を私たちが購入し、株主となり、出資者のひとりになることができます。株主になった私たちは企業の株主総会での議決権を得られますし、企業から出資の対価として配当金や株主優待を受けることができます。また、持っている株式の価格が上昇すれば高く売却することができます。

一般的には経済状況の影響を受けるため価格変動が大きく、ハイリスクハイリターンの投資商品と言われています。

株式投資のメリット

株式投資には主に4つのメリットがあります。

①株価値上がりによる売却利益が出せる

これを目的に運用されている方も多いと思いますが、買った金額より高い金額で株を売りぬき、売却利益を出すことができます。

経済状況によっては、短期間で資産を大きく増やす事もできますし、また、資産を増やしながら企業を応援することにも繋がります。

②定期的に配当金が入る

企業によって年に1回、もしくは2回の配当金を受け取ることができます。

配当金とは企業が出した利益の一部を株主に還元するもので企業の業績が良ければ配当金の配分も増えていくため、業績が伸びそうな企業をしっかり選定できれば、株を保有しているだけで定期的な収入が期待できます。

③株主優待を受けられる

株主優待とは企業の商品やサービスなどは無料でプレゼントしてくれる制度で、保有している株数ごとにどんな株主優待がもらえるかは変わってくることが多いです。

食品会社であれば自社の人気商品や新商品の詰め合わせ、旅行会社であれば旅行券などを受け取れますので、株主優待も立派な利益のひとつになってきます。

企業としては自社商品のプロモーションも兼ねて行っていますが、企業によっては株主優待制度がないこともあります。

株式投資のリスク

株式投資のリスクは主に3つあります。

①信用

株式は企業が発行する証券であり、企業の業績などによって価値が変わります。

ではその発行元の企業が倒産してしまったらどうなるのでしょうか。

企業が倒産すると、その株は何の価値もなくなってしまいます。

100万円分の株を買っていたとしても、企業が倒産してしまうとその瞬間に0円になってしまうと考えると怖いですよね。企業の業績動向などをしっかり見定め、全余剰金を一つの株に預けず分散投資をすることでリスクヘッジができます。

②値下がり

株価は景気変動に応じて上がるだけでなく、下がることもあります。自分の持っている資産の価格が減ってしまい、損失が出てしまいます。

短期的に見ると下がっても、長期的に見れば少しずつ上がっていく株もありますので、そのような株を選んで購入できれば、多少の値下がりで一喜一憂せずに済みます。

③流動性

株は一見ワンクリックで売買できると思われがちですが、売りたい株の需要や供給のバランスによって売りたい金額で売買できない可能性があります。

業績悪化などによって売り注文が殺到、買い注文はなかなかない、となると売りたくても売れない、売れても損をする、という結果になってしまいます。

不動産投資とは

不動産投資とはマンション、ビル、戸建て住宅などの不動産を賃貸し、家賃収入を得る投資です。毎月入ってくる家賃収入に加え、物件の売買による利益も見込むことができます。

どのような物件を所有するかにもよりますが、一般的にはミドルリスクミドルリターンの投資と言われています。

不動産投資のメリット

不動産投資には単純なキャッシュフローだけではない、他の運用にはないメリットが多くあります。5つの主なメリットをご紹介します。

①レバレッジが効く

不動産投資をするにあたり、物件購入のために銀行からローンを借りることができます。

「わざわざ借金までしてやらなくとも…」と仰る方もいらっしゃいますが、逆にお金を借りられるということは大きなメリットです。

自身のお金を借りられる力を使って物件を購入でき、入ってくる家賃収入から返済をしていくことできるため、自己資金が少額でもレバレッジの効いた運用をすることができます。

②安定している家賃と資産価値

毎月入ってくる家賃収入は基本的には変動はありません。入退去があればその際の賃料相場に応じて賃料の見直しが発生する可能性はありますが、数年もしくは数十年に一度の頻度です。投資商品の中でも以上に安定した収入源になってくれるのが不動産投資における家賃収入と言えます。

また、物件価格も変動は緩やかで、株価のように日々変動するものではありません。

首都圏のマンション価格でいえば、リーマンショック、東日本大震災、コロナショックなどの経済に影響を与えた局面でも、大きな価格変動はありませんでした。

また、経年劣化である程度の資産価値の償却があっても、物件の定期的なメンテナンスを行い、適切な家賃で入居者が付いていればその不動産の市場価値は維持されるため、物件価格は大きく下落することも考えにくいのです。

③万が一のときでも安心

不動産投資ローンには団体信用生命保険が付いているため、万が一ローンを組んだ後に亡くなってしまったり、高度障害になってしまっても、住宅ローンの残債は保険会社により完済されます。そのため万が一のときは残されたご家族にローンのない状態で不動産が受け継がれます。その後の選択肢は2つあり、1つは売却をしてまとまった現金を得る方法です。これは一般的な生命保険と近いかもしれません。もう1つは家賃収入を受け取り続ける方法です。これは遺族年金のようなものだと捉えてもらえればと思います。

選択肢が2つある保険に加入し、毎月の入居者に保険料を支払ってもらうと考えると非常にコスパの良い保険であると言えそうです。

④各種節税対策ができる

不動産で各種の税金対策を取ることができます。例えば相続税だと、2000万円の現金を相続するのと、2000万円のマンションを相続するのとでは相続税が3分の1ほどになることもあります。

また、経費が多くなった年は所得税や住民税を軽減することもできます。

不動産投資のリスク

不動産投資のリスクは主に4つです。

①空室

不動産投資の一番のリスクは空室です。家賃収入が入らなくなってしまうため、想定していた利益を得られず、ローンを組んでいる場合は支払いに影響してしまうこともあります。

空室リスクを軽減させるには、立地と入居者ターゲットを絞ることが大切です。

②管理

よっぽどの知識と時間がなければ不動産管理や賃貸管理をご自身で続けていくのは難しいため、管理会社に委託することになります。

しかし杜撰な管理会社に任せてしまうと、家賃が下がったり、物件の資産価値を下げてしまうことにもつながりますので、しっかりとした管理会社を選びましょう。

③家賃下落

不動産投資は長期的な運用になるので、今現在の家賃が高くても10年後20年後の家賃が大幅に下がっていたら嫌ですよね。

数年に一度の入退去で家賃の変動は起きる可能性はあるので、空室リスク同様に物件購入エリアや入居者ターゲットを絞り、相場を確認し、家賃下落率が少ない不動産を選定していく必要があります。

④災害

災害大国の日本では災害リスクはどこにいても考えなくてはならないリスクです。

投資用の不動産だけでなく居住用の不動産でも災害への備えは大切です。

不動産投資においては震災や水害などで被害を受けると思わぬタイミングで物件の修理費がかかってしまいます。事前にハザードマップ等を確認し、そのうえで火災保険、地震保険に加入してリスクを軽減することができます。

どちらが利益を出せる?

では実際に株式投資と不動産投資ではどちらをやるべきなのでしょうか。

結論は、「どちらもやった方がいい」ではないかと思います。

株式投資と不動産投資は利益の出し方、利益の出るタイミングが異なり、メリットやリスクも当然異なります。

例えば株は目先のお金を増やすため、不動産は長期的な資産形成のためにやっている、という人や、株で増えたお金で不動産のローンを繰り上げ返済している人などもいます。

また、株は現金を使って購入し、不動産はローンで買うことができるので、資金的にどちらか一方しかできない、ということもありません。

リスクも違うので、両方取り入れることでリスク分散をすることができます。

それぞれのリスクを補い合いながら、利益を出していくことができるのが株式投資と不動産投資の組み合わせです。

まとめ

株式投資と不動産投資、それぞれにメリットがありリスクがあります。

どちらが優れているということではなく、特徴が違うものですので、組み合わせて運用してくことでリスクを抑えながら効率よく資産運用することができます。

どちらの運用をしようか悩んでいる方、ぜひ両方をポートフォリオに組み込んでみたらいかがでしょうか。

きっとご自身の資産を増やす手助けになってくれるはずです。

当社アストラストは不動産投資をはじめ、様々な資産形成についてフォローできる体制を整えております。ファイナンシャルプランナー資格保持者も多数在籍しておりますので、お金のお悩みはお気軽にご相談ください。

SHAREこの記事をシェア