2022.01.18

他の投資と比較したマンション経営の特徴

握手写真 握手写真

世の中には様々な資産運用があります。
その中で不動産投資は株式投資と同様歴史のある投資です。
不動産投資にも種類はありますが、ここでは他の運用と比べたマンション経営の魅力についてお伝えします。

上手に投資商品を活用するために

マンション経営はローリスクミドルリターンの確実な収益性が魅力!

日銀の金融緩和政策の継続が決まり、低金利時代がこれからも続くと予想されています。しかし、賃貸マンション経営の場合、利回りは4~5%と高い水準です。 他の金融商品の特長を確認して、上手に資産を形成しましょう。

マンション経営はローリスクミドルリターンの確実な収益性が魅力!

マンション経営は4番バッター

投資による資産形成「4番バッター理論」

将来に備えて資産を形成する際、まずは堅実で低リスク「不動の資産」を軸に据え、必要に応じて変動性の高い「短期資産」と組み合わせることで、総合的にバランスの良い資産運用を行うことが大切です。
この際、資産の軸となる部分を野球の打線に例えて「4番バッター」と呼び、全体でバランスを取る根幹とするため、最初に「不動の資産」を検討することをお薦めします。

マンション経営は4番バッター

少ない自己資金でも始められます −具体的に収支を試算すると−

ローンを利用することで、少額の自己資金で所有することが可能です。 具体的な収支を試算し、現実的な計画を建てましょう。

収支シミュレーション

頭金10万円で始めるマンション経営収支シミュレーションの例

想定:マンション購入価格 2,500万円(内消費税121万円)

収支シミュレーション

※上記はシミュレーションであり、社会情勢の変化によって、収入・支出の額は将来変動になる可能性があります。また変動金利を選択された場合は、将来支払額が変わることがあります。 ※諸費用は概算になります。

POINT ローンを利用することで少額から始められます

不動産投資というと、とても大きなお金が動くというイメージがありますが、実際には頭金も10万円程度、諸費用を合わせても100万円以内で始めることが可能です。これは金融機関の不動産に対する担保評価が昔よりかなり上がっているからです。

POINT ローン返済の元金部分は貯金と同じ

ローン返済額は元金部分と利息部分に分かれていますが、元金返済部分は貯蓄と同じ意味を持ちますので、賃借人の方の家賃収入の一部で貯金をしているような感じとなります。少ない自己資金でマンション投資を始めれば、あとは他の人が支払ったお金で自分の資産形成ができる訳です。

SHAREこの記事をシェア