マンション経営の今

マンション経営の今

長期安定収入を期待できる理由とは

マンション経営は不安解消の有効手段です。

老後の保証を公的年金に期待できる時代は終わろうとしています。そんな中、将来の不安を解消する有効な手段として注目を集めているのが購入マンションを賃貸に出すことで家賃を得る「マンション経営」です。
またマンション経営は一室ずつ購入して経営できるため、資産形成のリスクを効率的にコントロールしやすいことも、多くの人が活用している理由のひとつです。

マンション経営とは
不動の資産形成(イザというときの安心)
+
長期安定収入(賃貸収入による私的年金)

備えが必要な理由余生はゆるやかな長期化の一途。将来の準備は万全ですか?

主な年齢の平均余命

年齢
男 性
H26年
H27年
女 性
H26年
H27年
20歳
  • 60.90
  • 60.61
  • 67.16
  • 66.94
30歳
  • 51.21
  • 50.93
  • 57.32
  • 57.09
40歳
  • 41.57
  • 41.29
  • 47.55
  • 47.32
50歳
  • 32.18
  • 31.92
  • 37.96
  • 37.74
60歳
  • 23.36
  • 23.14
  • 28.68
  • 28.47
70歳
  • 15.49
  • 15.28
  • 19.81
  • 19.59
80歳
  • 8.79
  • 8.61
  • 11.71
  • 11.52
60歳で定年後の平均余命は 男性23.1年 女性28.5年

例えば60歳で定年退職したとして、定年後の平均的な余命は男性なら23.1年、女性なら28.5年もあります。昭和30年の平均寿命が男性で67.7歳で女性が72.9歳に比べ、平成2年では男性75.9歳で女性が81.9歳、平成26年では男性80.5歳で女性が86.8歳というデータもあります。 現代社会では緩やかに長期化して行くセカンドライフを、より豊かに安心して暮らしていくための準備が不可欠です。

長期安定収入の根拠1女性の社会進出や晩婚化の影響で、単身世帯数は増加傾向

各年齢層で単身世帯が増加各年齢層で単身世帯が増加

賃貸マンションの長期安定収入を支える要因として、晩婚化による単身世帯数の増加があります。25-29歳男性の未婚率は71%超、30-34歳でも47%に上り、単身世帯数は東京都だけでも309万世帯となっています。また、職業を持つ25-54歳の女性は75%超。女性の単身世帯増加も、賃貸マンション市場の追い風となっています。

25~54歳女性の労働力率 75%以上
【女性の年齢階級別労力率の推移】
※総務省「労働力調査(基本集計)」
25~54歳女性の労働力率 75%以上
東京都の単身世帯数 309万世帯
【東京都の単身世帯数の推移】
※東京都庁総務局統計部人口統計課「2014年3月放送発表資料」
東京都の単身世帯数 309万世帯

長期安定収入の根拠2首都圏の賃貸マンションは賃料が安定しています!

賃貸マンションの収入源となる賃料は、近年10年に渡り安定的に推移しており、特に三大都市圏では上昇傾向すら見られます。また賃料は、経済状況の変動に影響を受けづらいという特徴もあります。

【3大都市圏分譲マンション資料/年間平均推移】
※東京カンティプレスリリース「分譲マンション資料(年間版)」(2015年1月15日)

首都圏の賃貸マンションは賃料が安定しています!